--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月12日 (日) | Edit |
シェアブログtaguに投稿



前回の記事に続きfc2ブログで リンクーをツリー化する方法です


<補足>
リンクもツリー表示出来たら 良いな~と思って試してみました。
この方法だと 管理ページにログインする場所が消えるので

全ての設定が 終わったら以下の タグを
プロフィールの一番下あたりとかに 加ええます。

■<a href="./?admin">管理者ページ</a>■




リンクのツリー化というのは・・・こんな感じになるもの↓

お友達
├◎◎
├□□
├△△さんのHP
└○○さんのブログ

お役立ち
├タグ辞典
├CGI
└趣味

みたいな・・

前回の記事のコピペです(笑)
前回にスクリプトを挿入した方は 再び挿入しなくてもOKです。

このまま↓↓

■■■ 手順2 プラグインの設定を修正します ■■■

に進んでください。






この方法 スクリプトは ワンダと巨像と土と空さまやJUGEMカスタマイズスクリプトva2ムーニン谷の気まま日記さまを参考に記しています。



■■■ 手順1 スクリプトの挿入 ■■■




管理画面に行き テンプレートの設定をクリック→テンプレートの修正をクリックします。

HTML編集画面とCSSの編集画面があらわれるので
HTML編集を します。
HTMLの ソースを スクロールバーで下に移動させていくと
最後の方に </body> があります。

</body>の すぐ前に以下の スクリプトを書き入れます。書き入れると
行っても コピーペーストで大丈夫です。

(コピペとは? コピーしたい部分を ドラッグさせておいて青く反転したら 右クリックでコピー
書き入れる場所で 右クリックで貼り付けをクリックする事ですよ(^o^)ゞ)



<!--★ツリー化スクリプト★-->
<script type="text/javascript">
<!--
function makeTreeElements (idName,objList) {
if (!objList.innerHTML) return;
var objLink = objList.getElementsByTagName('a')[0];
var linkUrl = objLink.getAttribute('href');
if (idName.indexOf('comment') > -1 || idName.indexOf('tb') > -1) {
var tmpText = objList.innerHTML.split("⇒");
tmpText[0] = tmpText[0].slice(0,tmpText[0].search(/<BR/i));
this.base = Array('<a href="',linkUrl,'">',tmpText[0],'</a>').join('');
this.elem = objLink.innerHTML;
} else if (idName.indexOf('entry') > -1) {
var tmpText = objList.innerHTML;
tmpText.match(/\((\d\d\/\d\d)\)/);
this.base = Array('<strong>',RegExp.$1,'</strong>').join('');
this.elem = Array('<a href="',linkUrl,'">',objLink.innerHTML,'</a>').join('');
} else if (idName.indexOf('link') > -1) {
var tmpText = objList.innerHTML;
if ( tmpText.match(/\[(.+)\](.+)/) ) {
this.base = Array('<strong>',RegExp.$1,'</strong>').join('');
this.elem = Array('<a href="',linkUrl,'" target="_blank">',RegExp.$2,'</a>').join('');
}
} else if (idName.indexOf('category') > -1) {
var tmpText = objList.innerHTML;
if ( tmpText.match(/\[(.+)\](.+)/) ) {
this.base = Array('<strong>',RegExp.$1,'</strong>').join('');
this.elem = Array('<a href="',linkUrl,'">',RegExp.$2).join('');
}
} else if (idName.indexOf('archive') > -1) {
var tmpText = objList.innerHTML;
tmpText.match(/\((\d+)\)/);
var tmpCnt = Array(' (', RegExp.$1, ')').join('');
tmpText = objLink.innerHTML;
tmpText.match(/(.+) (\d+)/);
this.base = Array('<strong>',RegExp.$2,'</strong>').join('');
this.elem = Array('<a href="',linkUrl,'">',RegExp.$1,'</a>', tmpCnt).join('');
}
return this;
}
function createTreeList(idName,option) { // version 2.2
var objFocus = this.document.getElementById(idName);
if (!objFocus) return;
if (!objFocus.innerHTML) return;
var objLists = objFocus.getElementsByTagName('li');
var linkList = new Array();
var outText = new Array();
if (objLists.length > 0) {
for (i=0;i<objLists.length;i++) {
var chckFlag = true;
var elemText = new makeTreeElements(idName,objLists[i]);
if (!elemText.base || !elemText.elem) return;
for (j=0;j<linkList.length;j++) {
if ( linkList[j].base.indexOf(elemText.base) > -1 ) {
chckFlag = false;
linkList[j][linkList[j].length] = elemText.elem;
}
}
if (chckFlag) {
var tmpNum = linkList.length;
linkList[tmpNum] = new Array();
linkList[tmpNum][0] = elemText.elem;
linkList[tmpNum].base = elemText.base;
}
}
if (linkList.length > 0) {
outText[outText.length] = '<ul>\n';
for (i=0;i<linkList.length;i++) {
outText[outText.length] = Array('<li>',linkList[i].base,option.top).join('');
if (linkList[i].length > 0 && option.sort) linkList[i].reverse();
for (j=0;j<linkList[i].length;j++) {
outText[outText.length] = (j == linkList[i].length - 1) ? option.end : option.list;
outText[outText.length] = Array(linkList[i][j],option.leef).join('');
}
outText[outText.length] = Array(option.btm,'</li>').join('');
}
outText[outText.length] = '</ul>\n';
objFocus.innerHTML = outText.join('');
}
}
}
var gTreeOption = new Array;
gTreeOption['sort'] = false; /* ツリー内の表示順 true:並び替える false:そのまま */
gTreeOption['list'] = '├ '; /* ツリー用マーク(通常) */
gTreeOption['end'] = '└ '; /* ツリー用マーク(末端) */
gTreeOption['leef'] = '<br />\n'; /* 各枝の末尾 */
gTreeOption['top'] = '<br />\n'; /* ツリー本体の最初 */
gTreeOption['btm'] = ''; /* ツリー本体の最後 */
createTreeList('newentrylist',gTreeOption); // 最新エントリリストのツリー化
createTreeList('entrylist',gTreeOption); // エントリリストのツリー化
createTreeList('commentlist',gTreeOption); // 最新コメントリストのツリー化
createTreeList('tblist',gTreeOption); // 最新トラックバックリストのツリー化
createTreeList('linklist',gTreeOption); // リンクリストのツリー化
createTreeList('categorylist',gTreeOption); // カテゴリリストのツリー化
// -->
</script>
<!--★ツリー化スクリプト★-->







■■■ 手順2 プラグインの設定を修正します ■■■



プラグインの設定をクリックして プラグインの中の リンクを
選びます。こんな部分を見つけてくださいね。

リンク リンクを表示します。 ↑ ↓ | 設定の変更 | HTMLの変更 | 削除

HTMLの変更のクリックします。


すると 以下のような記述があらわれます。

<ul>
<!--link-->
<li &align><a href="<%link_url>" title="<%link_name>" target="_blank"><%link_name></a></li>
<!--/link-->
<li><a href="./?admin">管理者ページ</a></li>
</ul>




この部分を 削除して
新たに 以下のタグを挿入します。↓↓


<div id="linklist">
<ul>
<!--link-->
<li><a href="<%link_url>"><%link_name></a></li>
<!--/link-->
</ul>
</div>





■■■ 手順3リンク部分の編集 ■■■



環境設定の変更 → リンクの編集 をクリックします。

ここまで来たら 後は リンクを分けるだけです。

[サイトの種類]サイト名

のような感じで 全部の リンクを修正していきます。

私の場合は

[お友達]○○さんのブログ
[お友達]□□さんのブログ


と言う風にしていますが 前回の記事と同じ要領です。

とにかく 1つでも[ ]で 囲っていないと 上手く表示されません。
半角の [ ] です。






関連記事
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/24(Mon) 05:42 |   |  #[ 編集]
ラブちゃん♪
掲示板でも こっちでも 全部チェックしてるから
どっちでも良いよ~ん。こんなアバウトな私だから
その当たりは適当でOKだす。( ´艸`)
それより 良かった?紹介文・・直すとこあったら
遠慮なく教えてね~ドジで有名な西ちゃんですから~(爆)
私は全然忙しくないよ~~~
大切なお友達のラブちゃんのサイトとあらば・・
速攻で リンク貼っちゃうもんね~♪
2006/11/14(Tue) 20:25 | URL  | 西ちゃん #XIqV8du.[ 編集]
こんにちは!
西ちゃん、こんにちは。
めっきり寒いけど、雪とか降ってませんか?i-237

それから、昨日は、相互リンクのお願いに、
自分のサイトの情報もサイト名も書かずに、
ごめんなさい!!
それと、TOPに貼っちゃったけど、よかったかな??
全部事後報告になっちゃって・・・。
西ちゃん忙しいと思うのに・・・お手数かけちゃった。
ごめんね~!!

西ちゃんへのコメントは、
ブログと掲示板とどっちがいいのかな??
2006/11/14(Tue) 14:02 | URL  | ラブ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。