2013年01月26日 (土) | Edit |
昨日 新聞を見ていたら ネット流行語大賞に
ステマが選ばれたと書いてありました。

ステマって 捨てアド と 同じだと思ったら
意味は 全然 違うみたいです。( ; ゚Д゚)

ステマ?ステルスマーケティング



ステマの一例としては、良い口コミだけを 広めること
影響力がある ブロガーに依頼して記事を書いてもらうというモノ。
有名タレントも こぞって 
うそ?の情報を掲載して 報酬を得ていたことが
あきらかになりましたが
それも 同じなのかもしれません。

ブログの運営者は、それで 報酬を得ていたら
事実であろうと 無かろうと
明記しないといけないのだと 思いました。

アフィリエイターも あちこちで
「おすすめ」を してると 思うけど
サイトの いずれかに
アフィリエイトサイトであること明記しないと
今後 責任を 問われることに なりかねないらしい・・

今のとこ 日本には そういった規制は ないものの
アメリカでは 2009年に ガイドラインが
決まり商品を すすめる ブログ記事を書く
ブロガーは 広告主との関係を義務付けられたので
日本でも「時間の問題」だと思います。

私も 早急に アフィリエイトサイトであることを 
明記するページを追加しようと思いました。

記事依頼サービスも 注意が必要



新聞には、記事依頼で (500文字程度)の文章を
200本書いて1記事100円だった・・なんていう事例も
掲載されていました。その記事によって
サイトへ リンクを張っていく手法だったそうです。
(200記事×100円で2万円!)

そうやって 記事を依頼で効率化をはかり
サイトを量産していくことで
報酬に つなげていく アフィリエイターも
多いと思うけど
私は、そんなこと したくないと思ったし
今 稼げる方法を 試しても
自然淘汰される ゴミ記事を 増やしたくないと
思いました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可