2011年05月12日 (木) | Edit |
東日本大震災が義援金や寄付金をおくり 被災地に 支援した場合
税金が 大幅に優遇され税制上のメリットがあると 
5月12日付けの中日新聞に掲載されていました。

被災地の寄付 確定申告

軽減される上限は 住民税額によって異なりますが 
年収300万円の収入なら 6000円 500万円の人なら、2万1000円と
寄付した場合と 寄付しなかった場合 税額が5000円程度
軽減されることは、図を 見ていただければ ご理解いただけると思います。

年収 1000万円とか 1500万円の人が このブログを 閲覧する可能性は、
ゼロに近いと思いますが・・自分の収入に応じた寄付金を・・・
という感じでしょうか?
手続きは、所得税の確定申告をするときに記入するだけ♪
ただ 確定申告では、義援金や 支援金の受領書や
預かり証など 証拠書類は、保存しておく必要があります。

kihukin.jpg


一定の寄附金を支払ったとき(寄附金控除)
募金団体を通じた義援金等に係る税務上の確認手続きについて

税制上の改定は、東日本大震災後の平成23年3月15日付け
寄付金控除に関しては、あまり知られていないと思います。
また、領収証や受領書を もらわずに あちこちに
寄付をしていた人も多いと思います。
ほとんどの方が 寄付金控除があるから 義援金を寄付するという考えでは
ないと思いますが、参考になれば幸いです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可